テレビスタンドで壁掛け風にしよう

テレビスタンドは壁に寄せるという目的で、主に4種類に分かれています。
壁一面に設置できるハイタイプ、一般的に疲れづらい目線の角度に置けるロータイプ、角に置けて部屋をスッキリさせることができるコーナータイプ、角度の調整や台座部分をスライドさせることができる伸縮タイプになります。
これらのテレビスタンドの種類とそれぞれのメリットどうなっているのでしょうか。

まずはハイタイプですが、一番の魅力は収納が多いことです。
収納がたくさんありますのでゲーム機、BDレコーダー、本などさまざまな物を収納してコード類も隠せてスッキリでき、素材も良い物を使っていることが多いです。
デメリットとしては逆に物が溢れてしまったり、圧迫感を感じてしまったりすることです。

ロータイプは人の目線に合わせて作られていますので疲れにくく、収納スペースもそれなりにあい一般的に使われているテレビスタンドです。

コーナータイプはその名前の通りに部屋の角に設置できますのでテレビスタンドによる部屋の圧迫感を軽減してくれます。
シンプルでありながらも収納スペースもありますので一人暮らしの方に人気が高いです。

伸縮タイプは台座をスライドさせたり、角度を調整したりできますので部屋の模様替えをしたり、引っ越しをよくしたりする人に向いています。
またテレビを買い替える時にもテレビスタンドはそのままでも良いですし、パソコンとテレビの両方を置くといったことも可能でアレンジできるのが良いでしょう。

このようにそれぞれのメリットがありますので、家の環境に合わせて選んでください。