テレビを壁掛けする時、金具以外に必要なものは?

テレビを壁掛けにする場合、必要な部品は様々な大きさのテレビに対応した壁掛け用の金具のみとなり、細かな作業がいりません。そして、この部品を装着するために必要な道具として、電動ドライバーとプラスドライバー、そして下地センサーの3つです。テレビを壁掛けにする際、その金具は壁の表面ではなく、壁の中にある柱などに取り付けることになります。その際、どこに柱があるのか調べる時に下地センサーが必要となります。他にも火災報知機を取り付ける際などにもこの下地センサーで柱を探し、装着することになります。

下地センサーで柱を探した後、その柱に壁掛け用の金具の穴に合わせ、等間隔に目印をつけ、そこに電動ドライバーで穴を開け取り付けます。この際、水平器が必要な場合があります。これがないとテレビが斜めになってしまうため、若干見づらくなり、平行にするために水平器が必要です。壁掛け金具の装着が完了すると次にテレビにモニターブラケットという金具をつけます。この時、ビスをテレビに締める際、電動ドライバーで不安な人は普通のドライバーなどで締めあげるといいでしょう。そして、これを壁掛け金具にひっかけて、ネジを締めれば完成です。

必要な道具としては下地センサー、電動ドライバー、プラスドライバー、必要ならば水平器を準備しましょう。DIYを趣味としている人は下地センサーや水平器、電動ドライバーなどはよく使うことになるので、この際に揃えておくようにしましょう。

サイトリンク集/外壁リフォームに関する情報サイト/女性の人生/じゃんけん必勝法/教室・スクール・クラブ/女性向けエステ.com/SEOアクセスアップ相互リンク集/お小遣いNET/驚愕頭部